【レビュー】iclever折りたたみ式bluetoothキーボードは使いやすい!iPadやスマホに◯

ブログのお供
先日、iPad用に使っていた、くるんと回るタイプのキーボードに娘がお茶をこぼして、、、キーボードがぶっ壊れました。
わたし
わたし
iPad本体が濡れてなかっただけ良かった、、かな?
とはいえキーボードがないと仕事にならないので新しいものを新調することに。
気に入っていたので同じものを買っても良いんですが、どうせなら色々使ってみようかなということで、今回はこちらの折りたたみ式のキーボードにしました!

ということで、こちらの商品レビューをしていきたいと思います!
スポンサーリンク

iclever折りたたみ式bluetoothキーボード

こちらは、pc、スマホ、iPadやタブレット等、Bluetooth機能の付いているデバイスで使用できる折りたたみ式のキーボードです。
一度に接続できる台数は1台です。

iclever折りたたみキーボードはV字に配置されている

一番の特徴は、このV字に開くキーボードの配置!
手を自然な状態テーブルに置くと、ちょっと開く感じになるんよね。
その形でタイピングができるので、長時間利用しても手が疲れにくい形になっているそうです!

コンパクトで軽い

折りたたむとこんな感じ。
マグネットが付いているのでぴたっと閉じることができ、カパカパ開きません。
また、開閉によってキーボードの電源が入るようです。

タイピングしやすいやすいキーボード

キーボードタッチの感覚はとっても軽くて打ちやすいです。
また、前回使っていたキーボードになかった「delete」キーが付いているのが地味に嬉しいポイントです。
このキーボード独自のショートカットキーがついているようで、使い方を覚えると色々と作業の短縮になりそうです。

説明書がしっかり日本語対応

こーゆうキーボードは説明書が日本語対応していなかったり、していても訳が不自然なことが多いのですが、こちらのキーボードの説明書は正しい日本語で書かれているのでわかりやすいです!

iclever折りたたみ式bluetoothキーボードが向いていない人

キーボードがV字になっているため、左右でしっかりとキーボードが分かれています。
アルファベットの位置を覚えていない人や、タッチタイピングが苦手で両手でいろんな場所を触りながらタイピングをする人にとっては、左右別れていることがデメリットになることもあるのではないかと思います。

また、こちらは360度開閉可能なキーボードで、反対側にもパタンと折ることができます。
そのため壊れにくいというのが利点ではありますが、その分キーボード自体の安定感はないので、机の上や、下に硬いものを敷いて作業する必要があります。
膝の上で作業することが多い方には向いていないかなと思います。

iPadのキーボード選びは使うシーンをよく考えて買おう!

iPadのキーボードは種類がいくつかあり、使い勝手がかなり異なります。
自分がどういったシーンでキーボードが必要になるのか?どのくらいの頻度で使うのか?またどういった場所で使うことが多いのか?ということをよく考えて選ぶと良いと思います。 お絵かきもブログも同いくらいしたい!という方にはこちらのディスプレイ部分が回転するキーボードもおすすめです。

iclever折りたたみ式bluetoothキーボードは持ち運べて疲れにくい!

折りたたみ式のキーボードの一番のメリットは、携帯しやすいこと。
とにかくコンパクトに折りたたんで使いたい!という人にiclever折りたたみ式bluetoothキーボードはぴったりなんじゃないでしょうか。
サイズは手帳くらい、軽さもスマホと同じ、もしくはそれ以上に軽いです。
またこのキーボードの一番の特徴はV字の配置でタイピングの疲労感が軽減されることだと思うので、そういう方に特におすすめしたいキーボードだと思います!