iPad×Apple Pencilでイラストを描く時に使うアプリ

イラスト

私はiPad(proではない方)と純正のApple pencilを使ってイラストや育児漫画を描いています。

今回はiPadでイラストを描く時に使っているアプリ「Medibang paint」を紹介します。

スポンサーリンク

Medibang paintはいろんなデバイスで使える!

メディバンペイントは、windows,mac,iPad,iPhone,Android とどんなデバイスでも使えるイラストソフトです。

メディバンペイント公式HP

私はiPad用の無料アプリを使っています〜

Medibang paintのここがお気に入り

広告が邪魔じゃない

無料のアプリって結構頻繁に広告が出てきたりとイラストを描くのにちょっと邪魔(すみません)なことが多いですが、Medibang paintはその点でいうととても使いやすいです。

わたし
わたし

まったく気にならん!

フォントの種類が豊富

Medibang paint で使えるフォントの種類はとても豊富!

以前使っていたアプリと比べてもかなり多いなと感じます。

しかもどれも可愛いので選ぶのがとても楽しいです♪

トーンの種類が豊富

私は本格的な漫画を描いているけではないのでそこまで使う頻度は高くないですが、トーンの種類が豊富なので漫画をメインに描きたい人にはとてもおススメです!

使いやすいブラシ

使いやすいブラシが揃っています。私は主に左上の「ペン」で主線を描いて、左の上から三番目の「Gペン」で色ぬりをすることが多いです。

筆圧感知機能がある

筆圧感知機能とは、強くかくと線が太く、軽くかくと線が細くなる機能です。

Apple Pencilの筆圧感知にも対応しています。

コマ割り機能が簡単

こんな風にコマ割りが簡単にできます。

いつもは4コマですが、普通の漫画のようにコマ割りをしている漫画を描く時にもこのコマ割り機能がとても便利です。

iPad×MediBang paintでさらにお絵かきが楽しめるようになったよ!

以前はいろんなアプリの機能を少しずつ使い分けながら絵を描いていましたが、メディバンペイント一つで必要な機能が揃っているので、作業効率がぐぐっとあがりました!

今ではiPadとApple Pencil 、そしてMediBang paint でコラム記事の挿絵や4コマ漫画の全てを描いています!

さらっと描いてみたいあなたにも、本格的にイラストを楽しみたいあなたにもぴったりなアプリですよ!

わたし
わたし

デジタルイラスト楽しいよーーっ