wordpressテーマ「sango」をシンプルにカスタマイズ。

Sango

ワードプレスを始めてから、初めて購入したのが「sango」というテーマでした。

とにかくデザインの可愛さに惹かれて。

開発者であるサルワカさんのカスタマイズ記事も分かりやすくて初心者でもイケるかな!?と思いまして。

育児ブログのほうも「sango」を使っていますが、sangoは複数ブログ対応ということなので、こちらのブログでも使うことにしました。

現在こちらのブログでは「cocoon」を使用しています

でもsangoってカスタマイズしないとちょっと差別化が難しいかなと思っていて。

良くも悪くもsangoっぽくなりがちというか。

なので、いったんシンプルにカスタマイズして、これから少しずついじっていこうかなと思っているところです。

とりあえず今日触ったcssやカスタマイズについて記録を残しておこうと思います。

スポンサーリンク

デフォルトの見出しを変更

sangoはカラフルな見出しや装飾がとても豊富です。

それがブログを書くことを楽しめるポイントでもあるのですが、こちらのブログではしっかり文章を書いていきたいと思っているので、見出しのデザインはシンプルにしました。

いちいち投稿画面で設定しなくても良いように、追加CSS欄に追加記入。

↑見だし2が上記のようなベージュのストライプ背景になりました。

以下、実際に追記したcssです。

.post h2 {
text-shadow: 0 0 5px white;
padding: 0.3em 0.5em;
background: -webkit-repeating-linear-gradient(-45deg, #ead4bb, #ead4bb 3px,#fffae6 3px, #fffae6 7px);
background: repeating-linear-gradient(-45deg, #ead4bb, #ead4bb 3px,#fffae6 3px, #fffae6 7px);
}

一行目の「.post」は「投稿ページ」を指定していて、これを付けたさないとサイト全体のh2が変更されて、すべて背景ストライプになります。w

テーマによって付け足すワードは異なるので注意してください。

メニューバー下の影を無くす

背景白でいきたかったので、メニューバーの下にある影があるとなんか不自然で。

これを消すことにしました。

▼css▼

.header {
box-shadow: 0 0px 0px rgba(0, 0, 0, 0);
}

吹き出し用のアイコン作成

こちらのブログ用に、吹き出し用のアイコンを作りました。

▼表情もいろいろ▼

お気に入りです♡w

All ShortCode of SANGO導入

「sango」ユーザーさんなら分かると思いますが、sangoはとにかくショートコードの嵐です。

最初はサルワカさんのhpからコピペして色々と使ってみたりもしましたが、このプラグインがあればその作業が無くなります!!ボックスも吹き出しも投稿画面から簡単に入れられるようになるので、かなり時短!

All shortcode of SANGO

とまあこの度いじったのはこのくらいです。

徐々にやっていきたいと思う!!!

カスタマイズたのし!!!!(記事かけ